派遣社員はしなくていい?業務範囲7選-その2

特定目的行為の禁止

特定目的行為は派遣社員の業務範囲外です。特定目的行為とは労働者派遣契約の締結に際して、派遣先企業が派遣労働者を特定することを目的とする行為のことをいいます。特定目的行為の禁止が定められているのは労働者派遣法の第26条7項です。

(契約の内容等)

第二十六条 労働者派遣契約(当事者の一方が相手方に対し労働者派遣をすることを約する契約をいう。以下同じ。)の当事者は、厚生労働省令で定めるところにより、当該労働者派遣契約の締結に際し、次に掲げる事項を定めるとともに、その内容の差異に応じて派遣労働者の人数を定めなければならない。

7 労働者派遣の役務の提供を受けようとする者は、第一項の規定により労働者派遣契約を締結するに当たっては、あらかじめ、派遣元事業主に対し、厚生労働省令で定めるところにより、当該労働者派遣に係る派遣労働者が従事する業務ごとに、比較対象労働者の賃金その他の待遇に関する情報その他の厚生労働省令で定める情報を提供しなければならない。

参照)労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律(昭和六十年法律第八十八号)

https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=360AC0000000088_20220401_503AC0000000058

派遣労働者を特定することを目的とする行為、つまり

 ・派遣に先立って面接をする

 ・履歴書を送付する

 ・若年者に限るなど指示

等が禁止されています。例えば、派遣先の事前面接等を経て派遣社員が決定されたりする場合は、派遣ではなく直接雇用で採用選考と変わりなく、実質的に派遣先が雇用している状況とみなされるため禁止されている行為になります。ただし、紹介予定派遣は特定行為の例外となっています。

特定目的行為の禁止に違反するとどうなる?

労働者派遣法26条は「遵守することができるものとなるように配慮しなければならない。」つまり、努めなければならない努力義務と解釈されています。特定行為を行った場合、派遣会社と派遣先の双方へ都道府県労働局より是正の行政指導が入る可能性があります。

派遣社員として仕事をしたい

LOCCo.(ロッコ)は人材総合サービスを提案している会社です。LOCCo. という名前は【 Life One hundred Cheering Company. 】という弊社の理念からきています。

派遣とは、派遣先の企業で仕事をする就業形態の働き方ができ、自分のライフスタイルに合った働き方ができる、希望の勤務地で働ける、さまざまな職場や仕事を経験してスキルアップできるなどのメリットがあります。

人材派遣・有料職業紹介事業・外国人採用のお手伝い・教育研修事業・勤務地近郊のお店等のお得情報提供・外国人と地域の皆さんをつなぐイベントの企画運営等、雇用だけに特化せず、豊かな生活全般をプロデュース。LOCCo. では埼玉県、東京都、千葉県を中心に全国展開しています。軽作業・物流・ドライバー・警備・清掃、事務職・オフィスワークなど様々な派遣社員の求人情報を掲載しています。

ご紹介中の求人情報

https://locco.work/jobs/

LOCCo.ホームページ

https://locco.work/

関連記事

  1. 派遣社員はしなくていい?業務範囲7選-その1

  2. 派遣社員はしなくていい?業務範囲7選-その7

  3. 派遣社員はしなくていい?業務範囲7選一覧

  4. 派遣社員はしなくていい?業務範囲7選-その6

  5. 派遣社員はしなくていい?業務範囲7選-その5

  6. 派遣社員はしなくていい?業務範囲7選-その3

PAGE TOP