派遣の働き方

派遣特有の働き方、派遣とアルバイトの違いなどを紹介します。

派遣とは?

一般的に派遣と呼ばれる働き方、実は「派遣労働者」が正式な呼び名です。皆さんを企業に派遣する弊社(LOCCo)は派遣会社と呼ばれていますが、正式名称は 「派遣元事業主 」です。

普段口にする「派遣社員」「派遣スタッフ」、そんな呼び名からするとだいぶカタイ印象になるかもしれません。

ですが、 これから派遣として働くみなさんは、「労働者派遣法」という派遣労働者保護のための法律に則って仕事を斡旋され、 「派遣労働者」 として派遣先で業務を行なうことになります。

派遣労働は雇用期限が決まっています

アルバイトでの雇用は夏季・冬季、特定イベントなどの短期募集を除いて就業期間を定める必要はありませんが、派遣は就業期間を定めて雇用契約を結ぶ必要があります。期間は1日単位の単発派遣、短期間派遣、 3カ月以上の長期派遣とさまざまです。
自分に合った期間、時間で仕事が選べるのが派遣の魅力です。

派遣とアルバイトでは雇用元が違います

アルバイトでは雇用主とアルバイトを行なうあなた(被雇用者)が直接雇用契約を結びます。仕事の指揮命令も、給与の支払い者も同じ会社の中で完結します。いわゆる正社員も同じ形式です。

これに対して派遣で働く場合は、派遣労働者となる被雇用者(あなた)は派遣会社(LOCCo)と雇用契約を結び、給料の支払いも派遣会社(LOCCo)になります。しかし、実際の仕事の指示を出すのは派遣先の会社になります。 派遣先企業の担当者(指揮命令者)の指示に従って、業務を行ないます。

仕事で困った時にアドバイスがもらえます

新しい職場になかなか慣れない、求人表の職種と実際が違う、職場のルールで分からないことがあるなど、職場では聞きにくい・意思表示がしにくいことが生じても派遣会社(LOCCo)なら安心です。派遣先に通じている担当がおりますので、担当という「ワンクッション」をおいて確認することができます。直に担当に確認してもらうこともできますし、「どう言えばうまく伝わるか」を相談することも可能です。細かい人間関係も担当を通じて話ができるので日々の業務に集中できるのも派遣の強みです。
また、同じ会社に何人も派遣している場合、事前に会社の雰囲気を知ることもできるので、安心して働き始めることができます。

こんな風にメリットを享受しながらスキルアップも可能なのが派遣の良いところです。

PAGE TOP